くらしと仏事


法要(仏式)
仏式では、7日ごとに故人を供養するのが、決まりごとになっています。

■7日目初七日親族、知人、葬儀でお世話になった人を招いて、読経・焼香のあとで故人を思いしのんで会食を行う。
■6日目初逮夜初七日の前日。遺族だけで行う。
■14日目二七日(ふたなのか)初七日の次の日から数えて7日目。遺族だけで行う。
■35日目五七日(ごなのか)納骨式を行い、会食をする。白木位牌から塗位牌に替えて、仏壇に納める。
宗派によっては、親族、知人を招いて、忌明けの法要を行うこともあります。
■49日目七七日忌(しちしちひき)今日においては、35日目(五七日)を略して、49日目に行うことが一般的です。
■初盆新盆仏の供養を行う。
■100日目百か日親族、知人を招いて、故人をしのんで供養する。
■満1年目一周忌親族、知人を招いて、故人をしのんで供養する
■満2年目三回忌親族、知人を招いて、故人をしのんで供養する
■満6年目七回忌親族、知人を招いて、故人をしのんで供養する
■満12年目十三回忌親族、知人を招いて、故人をしのんで供養する
■満16年目十七回忌親族、知人を招いて、故人をしのんで供養する
■満22年目二十三回忌親族、知人を招いて、故人をしのんで供養する
■満24年目二十五回忌二十三回忌と、二十七回忌を略して二十五回忌を行うことが多い。
■満26年目二十七回忌
■満32年目三十三回忌
■満49年目五十回忌以後は、個人的供養を行うのは少ない。
■満99年目百回忌以後は、50年ごとに行う。

※日数は、死亡日を入れた日で数えます。
※初七日は、葬儀当日、お骨が帰った時に行うことが多くなりました。
※命日の前の休日などの合わせて行ってもかまいません。
※地域や各宗派により、異なる場合もあります。



満中陰

死亡した日から葬儀が終わるまでを一般に忌中といいますが、正式には四十九日の忌日までを忌中、または中陰とします。
そして中陰の期が満ちた四十九日を満中陰と呼びます。
忌日とは死を忌み、きらうという意味ではなく、故人をしのんで、その間は家事、家業、娯楽、交際その他一切の世事を忌み、余念をおこさずに故人のことだけを仏にお願いすると言うことです。



お布施のあげ方

僧侶、神官、牧師などへの謝礼は、先方または、葬儀社の係の人に聞いて、規定があればそれに従います。
こころざし(志)で良いと言われた時はお寺や僧侶の格、維持費、お経の内容、交通費などを考慮して謝礼額を包むのが一般的です。その場合の包みには水引はいりません。
無地の上方に「御布施」、「上」と書き、下方に姓を書きます。



香典の供え方

霊に手向ける香の代りのお金ということで、香料とも香資とも言います。現在では宗派に関係なく霊前に供えるお金はすべて香典と言います。
表書きは、御香典、御仏前、御香料と書きます。神式の場合は、御神前、御玉串料としますが先方の宗派がわからない時は、御霊前と書きます。
包み方は、正式には二重包みにして中包みに金額を記し、白黒、黄色あるいは銀水引を用いて結び切りにします。
通夜の時か、告別式に参列するときは受付へ、または焼香あるいは拝礼のときに霊前に供えます。



日常の供養

死者への祭りは、各宗派によって考えも違えば、風習も異なりますので、それぞれの信じる宗教の慣わしにそって仏壇や神棚などに朝夕の供養をします。



供養の仕方

毎朝、炊きたてのご飯と、水を供えて、四季折々の花も生け、ろうそくに灯りをともして線香をたきます。また、命日には過去帳や、くり出し位牌でその人の所を開いて読経して拝みます。春秋のお彼岸や、お盆の供養などをします。



仏壇を新しく買うときは

四十九日の忌明け法要までには揃えたいものです。その際置き場所のスペースを考えて、買い求めます。また、仏壇の他、仏具、位牌も用意いたします。
そして、忌明けを待って、忌明け法要をすませてから本尊の開眼供養をしていだたきます。



仏壇の置き場所

礼拝の心に適った清浄な、又家族の精神生活の中心としてふさわしい場所を選んでください。
なお御仏壇の向きについて、普通南向きと東向きがよいとされます。南向きは明るい方を向くことになります。
東向きは西を背にするわけですが礼拝のとき西方浄土の方角に向くことになるわけです。


※仏具に関しましては、
ホーヨー本社 【TEL:049-255-7066 FAX:049-255-7068】 までお気軽にご連絡ください。
カテゴリ お墓の話